無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
安定成形する為のセンサー技術 良品率の安定

 プラスチック射出成形における良品率を常に安定させる為に様々な管理基準を設けて維持する事が、重要視されております。


センサーを使用した出力データーを有効活用する事が、成形不良発生を未然に防ぎ良品率を安定させることが可能になります。


センサーを導入する前に考えなくてはならない事が幾つか御座います。


_燭琉戮縫札鵐機爾鮖藩僂垢襪里?

何処にセンサーを使用するのか?

2燭魎霆爐縫札鵐機爾鮖藩僂垢襪里?


最近、金型内にセンサーを使用したいとご相談頂く事が増えてきております。

なぜ? センサーを使用するのかとお聞きした所、金型内の圧力や温度を測定したいと回答されます。


確かに金型の中を見る事が出来ない為、今までは想像や成形機側から出力されるデーターに頼った成形条件や成形不良対策を実施してきた事は、周知の事実です。


金型の中で、成形不良をはじめ様々なトラブルが発生しており、中が見えたら簡単に解決出来ると思います。


金型の中が見えないのならば、金型内に圧力センサーや温度センサーを仕込んで、実圧力や実温度を計測する事が、今後の成形技術発展に重要視されてきているのも当然だと思います。


確かに金型内の圧力と温度をデーター化して、成形機側から出力させる様々なデーターとの比較すればよりリアルな参考データーになります。


温調機の温度設定と金型内の温度を比較すれば、非常に面白いデーターが取れるのも事実です。


大事な事は、出力されたデーターを何の為に有効活用するのかです。


金型内の温度や圧力を取るだけでは、勿体無い投資になります。



例えばガスヤケやヒケ・ソリ等の成形不良が発生したとして、原因が特定出来ない為にセンサーを使用して分析を行う。


当然、センサーを仕込む位置は、成形不良が発生している位置になると思います。


計測する基準は、温度なのか?圧力なのか?


【ここで重要なのが、成形不良発生プロセスを理解しているかです。】


成形不良は、最終的な現象ですので発生プロセスにより温度を基準にした方がよいのか?

圧力を基準にした方が良いのか?と言う事になります。


成形不良の発生原因が、金型内圧の上昇による内部応力なのか?

断熱圧縮による温度上昇によるものなのか?


成形不良発生前後の金型内より出力されたデーターを考察する事で、変化点が確認出来ると思います。


少なくても成形不良発生原因が、圧力に起因するものか?温度が起因するものか?

特定する事が、出来ますので成形不良の対策や改善方法が圧力対策よいのか?温度対策がよいもか?


ロジカルに進める事が可能になります。


その他、様々な応用技術が可能になります。


今回、ゲストでセンサーメーカー殿主催のセミナーで講演させて頂きました。


新たなセンサー使用方法等、講演させて頂きましたが大事な事は、ロジカルシンキングになります。


また、お会い出来る日を楽しみにしております。


ご参加頂き、誠に有難う御座いました。








 

| haru | 成形サイクル短縮・安定生産対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://www.tecteq.jp/trackback/98