無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
成形不良 ヒケ・ソリ 不良対策
みなさん、こんにちは、。
haruです。
成形不良 ヒケ・ソリ対策には、幾つかの発生要因があります。
金型内圧・肉厚部の冷却・金型冷却効率等様々な要素があり、特定するのが困難です。
成形技術にて対策されている場合もありますが、まずは簡単な方法からはじめたいと思います。
試作段階よりヒケ・ソリの不良がある場合は、別ですが金型を新作された当初ヒケ・ソリ等の成形不良の問題ない場合、使用年数が経過するごとに金型冷却水管が詰まり冷却に必要な流量が減少している事が予想できます。
金型が汚れると様々な成形不良が発生する為、金型を分解洗浄すると思います。
当然、冷却水管もシリカ・スケール等にて汚れてきますので定期的な水管洗浄が効果的です。
ヒケ・ソリ等の成形不良が発生した場合、冷却時間の延長にて成形条件を変更して、対策されておりませんか?
当然、成形サイクルは伸びてしまいます。
ヒケ・ソリ等の不良は改善できますが、新たな問題が発生してしまいます。
1度、金型冷却水管の中を見てみてください。
水管内が真っ白の場合、スケールが付着しておりますので簡単に洗浄できます。
この様な対策も成形技術の1つです。
樹脂製品開発支援依頼をされた時でもその後の安定成形を考慮して、定期的冷却水管洗浄をお勧めしております。
今までの経験で、1度も冷却水管洗浄された経験の無い方にはお勧めです。
| haru | ソリ不良・ヒケ不良対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tecteq.jp/trackback/46