無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
射出成形 不良対策 外観不良・メッキ不良 改善
射出成形 不良対策 外観不良・メッキ不良 改善でお困りの方に簡単な方法を提案させて頂きます。
不良要因としては、様々な要因が考えられますが一番簡単な対処策は粉取りをしてみてください。
原料供給時必ず粉が発生していると思われます。
バージンの樹脂と粉砕樹脂使用時の不良率を比べて頂くと不良率の差が確認出来ると思います。
メッキ不良が出た時に下地の成形品が悪い・メッキ加工の問題と必ずどちらが悪いか問題になっていると思われます。
今までの不良改善の経験では、粉が問題になっているケースも多く完全に不良率が0%にはなりませんが、少しでも不良率が低減出来れば費用対効果はかなりのものだと思います。
外観不良でお困りの製品も1度、お試し下さい。
市販されている粉取り装置は、ほとんど試してみましたがメーカーごとの特徴がありますので選定にはご注意下さい。
web上でメーカー名を出すと支障がありますので、今回は伏せておきます。
| haru | 外観不良・メッキ不良対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://www.tecteq.jp/trackback/42