無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
シリンダーの最適温度設定
【最適なシリンダー温度設定】

1.なんで?
シリンダーの温度設定が高い場合、溶融樹脂滞留過程にて熱分解性のガスを発生させる可能性がある為、現状の成形条件にて充填可能な流動抵抗の確認を行う必要があります。
シリンダーの内熱分解ガスが不良の要因になっている場合、この方法で成形品外観に反応が確認出来ます。

2.方法
(1)現在の成形条件がベースになる為、下記「例」の様なベースデータを作成。
   例: シリンダー温度(度) 200・215・215・200・☆190
      充填時間 3.0 sec

(2)ここで、注目するのは☆マークの、シリンダー後部温度です。この温度設定を、今回の場合は例えば180度に設定します。

(3)油圧機の場合は充填時間、電動機の場合はピーク圧にそれぞれ変化があるかどうかを確認。

(3)A:変化が無い場合
   既に充填可能な流動粘度になっており、190度設定の場合は、熱分解ガスを発生させる条件になっていたと言える。
   B:変化が有る場合
   充填不可能な流動粘度になっており、190度設定が最適と判断できる。

   ※成形品にて、確認お願いします。ショートになっていないか確認下さい。
   ※流動粘度が不足している場合、成形品ショートになっている状態が確認できます。

(4)Aの場合、更に温度を170度に変更し、上記同様のプロセスを、変化が起こるまで温度を下げて繰り返す。

(5)充填時間に変化が出た場合、その設定が限界温度になる!!

   つまり、

   『一つ前の設定がその金型における、最適な温度設定となる。』


熱分解ガスが要因となって、不良でお困りの方は是非、一度お試し下さい。

ご意見、お待ちしています。
| haru | 成形手法関係 | comments(35) | trackbacks(0) |
Comment
2007/05/21 6:45 PM posted by: taku
haruさん、お邪魔します。
シリンダ後部温度設定は、中部設定よりも
マイナス10℃ぐらいに設定と教育され今まで
生きてきました^_^;
haruさんの熱分解ガス対策を見て驚いています(>_<)
 今まで職場の教育でなんで?と思う事が
多かったのでharuさんのアドバイスは、非常に
興味があります。
さっそく、実践したいと思います。
結果は後日ご報告いたします(^.^)/~~~
2007/05/21 9:29 PM posted by: iwa
takuさんはじめまして。
シリンダー温度設定は効果あります!
以前PPSで苦労していましたが温度設定のみで連続成形が50%延びた事があります。
温度設定を変える際に私が見ているのは
計量トルクです。基本的には計量トルクに
変化がなければ温度を下げても問題ありません。
又、takuさんの職場には飢餓供給装置はありますか?あればさらにgoodです。


2007/05/21 10:50 PM posted by: haru
takuさん・iwaさんコメント
ありがとうございます。
haruです。
皆様に参加して頂き、この不良改善の技術を進化させて下さい。
射出成形不良の対策は、金型内圧・流動抵抗・樹脂溶融時の分解ガス等をいかに抑えるかがポイントになります。
今後、具体的に対策案を掲載させて頂きます。
2007/05/22 7:07 PM posted by: taku
iwaさんはじめまして。
残念ながら飢餓供給装置は、他工場にしか
ありません(ToT)/~~~
PPSも残念ながら金型をしょっちゅう磨きながら成形していた思い出しかありません(;_;)/~~~
ですが、iwaさんの経験ですと、かなりの効果があるようですね。
 プリプラ成形機にも、この考え方は有効でしょうか?
2007/05/22 8:05 PM posted by: 亀吉
haruさん皆さん、はじめまして面白そうなことを皆さん話されているので、ちょっくらお邪魔する成形屋さんの亀吉と申します。
成形屋にとってガスは本当に困ったもんですね、その度合いは年々ひどくなっていくような気がします以前PS樹脂のガスで困ったことがありまして「PS樹脂なんて何十トンとやってきたので目をつぶっても成形できらー」と
なめてかかったら、まるでPPS樹脂のガス問題のような難関にぶち当たり困っていたところ教えてもらったことは「今は材料屋さんも過当競争になり汎用の樹脂でも差別化するために色々な添加剤をブレンドしていてそれが悪さをする、日本はまだいいほうで外国の材料はもっとひどい」との情報でした、その時はいいガスヤニ除去スプレーを教えてもらい何とかしのげたのですがこのような相談場所があれば心強いのでharuさん皆さんアドバイスよろしくお願いいたしますよ!!
2007/05/22 11:00 PM posted by: iwa
haruさん、takuさん、亀吉さん
こんばんはiwaです。
面白くなってきましたね。
takuさん、プリプラですか〜。
あまり触った事がないのですが、ちょっと変わってくるでしょうね。
温度設定の考え方は、熱履歴を可能な限り少なくする事です。樹脂はスクリュ圧縮部の せん断熱で溶けるのですから、その前に必要以上の熱を与えない事です。
ガス対策は色々試しましたので、多少の情報
提供は出来ると思います。
みなさんの改善事例等教えて頂ければ
うれしいです。

2007/05/22 11:36 PM posted by: haru
亀吉さん、はじめまして!
最近ガス対策で困っている人は多いと思います。
ランナーゲートからのガス抜き対策もかなり有効ですよ!
再生材を多く使用される方は、バージン材より早く溶融するので、シリンダー温度設定にはご注意下さい。
今回のシリンダー温度設定の方法ですが、スクリュのストロークに対して少ししか計量位置を使用しない場合、滞留時間と距離に対して熱分解が進みガスを発生させますので、この様な条件で成形されているケースには、特に有効です。
皆さんお試し下さい。
2007/05/23 12:43 PM posted by: Y22
皆さんはじめまして。
書き込みさせていただきます。皆さんは主にどのような材料で成形していますか???私の所ではPOMを使用しており、MDで悩んでおります。最近は金型洗浄方法などを模索しており、皆さんの実績など(あれを試した、こうしている)など・・・何かアドバイスあれば宜しく御願い致します。話がずれていたらすいません。
2007/05/23 6:55 PM posted by: taku
みなさんお疲れ様ですm(__)m
私の現場では、フェノール樹脂を使用している製品があり、反りとフクレで困っています。
 そこで、来週ランナーのガスベントを追加する予定です。
 結果がどうなるか楽しみです!(^^)!
亀吉さんのガスヤニ除去スプレーとは、何と言う
物でしょうか?
 樹脂は特定されてしまいますか?
2007/05/23 10:08 PM posted by: 亀吉
皆さん今日もお疲れ様でした。
takuさんガスベント楽しみですね〜なんか今から効きそうでシビレちゃいます。
ガスヤ二除去スプレーはヤマト商会さんの「モールドブライト」ですよ、亀吉はこいつに助けられ今も足を向けて寝れません
Y22さんはじめまして、奇遇ですね亀吉も1年前から仕事の客先の成形品が9割POMのN材成形品で泣かされ続けていますやはり1番の敵はガスです(去年の8月不良率なんと17%!良品作ってんだか不良作ってんだかわかりませんでしたよ)振り返るとたいした事はやった覚えはないのですがいまは不良率05%以下!是非Y22さん大いに語り合い皆さんのすばらしい知恵をいただきましょう!
話変わりまして誰かベントシリンダー成形機の情報無いですかね〜亀吉オヤジ(親子で成形屋)が言うにはガス対策には効果があるすごいシリンダーだって言っていたけど今どきどこの成形工場も無いし今日聞いた住重のサービスの人も「住友も今は作っていない」言うしプラスチック成形初期の産物なんでしょうか?欠点は材料換えがしにくくベントから逆流するとのことだが亀吉担当の仕事は9割POMのN材だしはまればはまるような気がしてなりません情報お願いいたします。
2007/05/24 11:06 AM posted by: haru
皆さんこんにちは!
書き込みありがとうございます。
ベントシリンダー成形技術の進化したのが、飢餓供給技術になります。

カテゴリ内に掲載しておりますので、お読み下さい。
亀吉さん洗浄スプレーの情報ありがたいです。
集合知がひとつ増えました。
支障がない程度で、実際使用して効果のあったものを現場口コミ情報として、書き込み下さい。

2007/05/24 12:22 PM posted by: taku
皆さんこんにちはです(^_^)v
haruさんカテゴリーを増やしていただいて
ありがとうございますm(__)m
みなさん書き込みやすくなったんじゃ
ないですかね\(~o~)/
亀吉さん洗浄スプレーを教えていただき
ありがとうございます。
 私の所でも、メーカー開発中の洗浄剤をサンプル
で使用しています。
 特にPOMに効果的だそうです。
効果および銘柄が決まり次第、ご連絡します。
2007/05/24 8:07 PM posted by: iwa
お疲れ様です。iwaです。
Y22さんはじめまして、私の所ではソマックス製の金型洗浄機を使っています。
色々情報は入ってきていますが現状BESTではないかと思います。
洗浄スプレーで使用しているのは、複合資材蠅痢屮ストリック」です。
takuさん、ランナーのガス抜き楽しみですね。
私も昨年よりガンガンやりました。結構いけますよ。
ランナーだけでは我慢出来ず、ついに製品部の最終充填位置にも0.05のベントをつけちゃいました。
ピーク圧が下がり、金型温度も80℃→50℃で成形出来るのですから驚きです。
ちなみに材料はPAのGF30ですがバリもほとんど出ません。
今後はPA6T、PPSでやってみるつもりです。
亀吉さん、飢餓供給装置を一度試してみてはいかがですか?
各メーカーデモ機ありますし。(勿論有償ですが)私も2社からそれぞれ3週間借りて比較し、効果の確認をしました。
面白いですよ〜。

どなたかPA6Tの成形を行っている方いますか?そこそこ良い物は出来て、不良率も低いのですが、条件的に納得いかないのです。(なんでこの条件できれいになるの?みたいな感じです)情報をお願いします。
2007/05/25 6:28 PM posted by: taku
お疲れ様です(^。^)y-.。o○
iwaさん私の所も同様の洗浄機があります。
ヒーターがないので、現在手配中です。
メーカー開発中の洗浄剤のサンプルは、私の成形の先生に使用していただき、いまいちという事でした(ToT)/~~~
 iwaさん、私の所では社内製作の吸引機で最終充填部から吸引しています。
 そのおかげで、ボイド不良が激減しました。GF35の樹脂なので、低速で充填させるとガラスが浮いて大分苦戦しました(^_-)-☆
 バリを押さえるのであれば、バリが発生する金型の部分にエアーを吹きかけると押さえられましたよ。テストしただけですけど・・・。
2007/05/25 8:05 PM posted by: iwa
みなさんお疲れ様です。
金型のガス抜きですが、またやってしまいました。ランナーと製品部最終充填位置の他に
製品部エジェクタピンにも0.05のエアベントをつけました。
5本エジェクタピンにそれぞれ0.05×4です。
結果は、正解でした。同形状従来品と比較しますと金型温度-15℃で外観がほとんど変わらず、バリもほとんど出ません。
ちなみに材料はPA6Tです。
新型(しかも納期がない)でやるのですから私もアホです。
みなさんも試してみては!
2007/05/25 9:38 PM posted by: はりねずみ
haruさん、皆さんはじめまして。
はりねずみです。
見ていたら面白そうなので書き込みします。
亀吉さんへ 「ベントシリンダー」使った経験ありますよ。
しかもPOMで。
書き込みにもありましたが、ベントから樹脂がモコモコ
と出てきて四苦八苦したものです。
ガスは気にならなっかのでそれなりの効果があった
のではないかと思います。(結論は一長一短です)
ちなみに、その時の成形機は東芝です。
2007/05/26 10:57 PM posted by: 亀吉
皆さん今週1週間お疲れ様でした。
亀吉です。
いやー「ベントシリンダー」経験されている、はりねずみさん待ってました!
やはり一長一短ですか・・市場からいなくなったわけが見えてきますね、亀吉もその後独自に調査したら役に立つ情報ももらえなんと透明アクリル異物不良低減のために「ベントシリンダー」を導入し効果を発揮しただけで無くガスも積極的に排出でき透明性も格段に改善されたそうです。
なぜ「ベントシリンダー」が異物不良の改善になったかというと乾燥機をバイパスし直接成形機シリンダーに未乾燥供給し紙袋から最短距離で成形機に供給するという発想だそうです(材料が大気開放されている時間の短縮?)、亀吉もこのアイデアには驚きました、
しかし逆流するという弱点は安定成形には許容できない問題ですね・・・フム〜まさに一長一短。
iwaさんY22さんこんばんは、亀吉のところもソマックスの超音波洗浄機で今のところベストのようですよ(ピカピカになりますよ)、
iwaさん亀吉の会社も飢餓供給装置を昔試した上司達がいて望んでいた結果が出ずにあまり良い印象が無く亀吉のTRY計画にもいい顔してくれないんですよね〜そこで亀吉別の真空引き装置(飢餓供給は組み合わせ無し)を3月から5月23日までモニター契約をしてもらっていましたが・・・・・
正直なんの効果もありませんでした、メーカーの方も初めにいろいろな効果を謳っていましたが・・・
はなから全部は期待してなく、しかしガスぐらいには効果があるだろうと期待していたのですが逆に増えてしまいました(真空引き装置は関係無いと推測)いや〜上司や先輩達から苦笑いされています。
どうもこの類の周辺機器は相性(金型、樹脂、製品デザイン)の有る無しがあるのですかね〜(材料メーカーの研究所にも飢餓供給装置付の成形機があり効果を聞いたら同じ感想を言っていたそうです・・上司談)
亀吉のガスとの戦いもまだ続きそうです
(副産物で有意義な情報も収集できているのでまた皆さんに報告しますねー)。
2007/05/28 7:59 PM posted by: iwa
お疲れ様です。
亀吉さん、色々チャレンジしてますね〜。
私も真空引きはやってみましたが、「やらないよりは良い」といったレベルでした。
結局いくら引いても、エアベントの量が同じであればガスで詰まってしまうのですよね。
又、飢餓供給をしてもガス発生はなくなりません。ランナー、ゲート、形状によっては製品部でもガスは発生しますから.......。
ここは勇気を出して、思い切りエアベントをランナー部、製品の最終充填部に設定すべきかと思いますが、いかがですか?
ピーク圧も下がり、型温も下げられますからサイクル短縮にもつながりますよ。
2007/05/28 10:41 PM posted by: 亀吉
今晩は亀吉です
iwaさんアドバイスありがとうございます。
実は本日エアベントの追加を依頼していた金型ができて来ました、近々成形しますので結果報告しますね。
エアベントの重要性という意味ではiwaさんのような効果まで捉えてはいなく「今度時間ある時エアベント追加しておいて」ぐらいの
依頼で、金型を起こしている本部の担当者にも「金型によってエアベントがまちまちだから統一してください」ぐらいなお願い事でした、iwaさんharuさんの素晴らしいアドバイスで今回は自信を持って強く依頼できたので非常に助かりました。最終充填部はデザイン上どうしても加工できず(Wの形といったらいいのか亀吉の文書能力では伝えられませんスミマセン)新たなる作戦を考えていてその名は「焼結金属作戦」です!製品化粧面には採用できないとは思いますが焼結金属にもガスに対しての効果を非常に期待しております、ある勉強会に出た時も先生はPOMのガスに焼結金属が効果あったと教えてくれたので・・・
亀吉は金型のことはまだまだ修行が足りていないので焼結金属のノウハウみたいなものを教えていただけたらありがたいのですが、(上司はイマイチ乗り気ではない)皆さん宜しくお願い致します。
2007/05/29 12:29 PM posted by: Y22
皆さんこんにちは。
書き込み出来なくてすいません。亀吉さん、iwaさん色々とアドバイスをありがとうございます。ただいま奮闘中につき結果とうでてていませんが、後ほど報告できるかと思います。洗浄機に関しても色々と試していますが、やはり洗浄液の温度を上げてやったほうが効果大と思います。常温ではMDはなかなか落ちません。今後も奮闘続きます。
亀吉さん、今後の動きはどのような展開になりますか〜〜???亀吉さんの動向に興味しんしんです(笑)
ではまた・・・・
2007/05/30 10:20 PM posted by: 亀吉
皆さん今日も1日お疲れ様でした。
亀吉です。
Y22さん亀吉の動向なんて恥ずかしくて恥ずかしくてお教えできない位ですがメールなんでお話しましょう(笑)、本日亀吉は客先クレーム発生させましてなんとお客の工場で上司と二人で選別です・・・
長い間(亀吉担当のお客としては)選別作業は無かったんで周りから褒めらていた矢先だったんだけどトホホ。
クレーム内容は二つ発生し一つは金型から突き出しの時かえりを発生させていたのと、もう1つは最終充填部のウエルドが強すぎシールできていなく(在庫していた分100万円分程パー亀吉非常に責任を感じ反省しています!)その対応で射出速度を上げて完璧に出来た!と思ったら違う所にガス(ホワイトストリーク?)を発生させていてそれが溶着部だからそりゃ大変またクレーム、社に帰って「ウエルド強すぎず」「ガス発生させず」の調整調整また調整散々な1日でした、東京ガスの皆さんには悪いけど亀吉は本当にガスが憎い〜(電子ちゃんガンバレー)
2007/06/01 2:35 PM posted by: taku
みなさんこんにちは(^_^)v
亀吉さん、お疲れ様でした。
亀吉さんが以前おっしゃっていた焼結材ですが、何か新しい情報はありましたか?
非常に興味があります(^・^)
ぜひ、教えていただきたいですm(__)m
 それと、亀吉さん熱硬化性のガスはもっと
強敵ですよ〜。
 みなさん何かアドバイスをお願いいたします。
2007/06/03 7:46 AM posted by: 亀吉
皆さんこんにちは、
ガスベント加工しました金型の成形が始まりました、加工後の成形品はガスによる影響が最小限で1ランクアップした品質になりました。ピーク圧等の変化は明確にはわかりませんでしたがほんの少し下がりましたのでガスが悪さをしていたんですね。1日成形してベントの掃除をしたらタール状のヤニがベントに付着していましたよ、間違いなく効くのですね〜あと4・5型やらなきゃ!
本当に皆さんありがとうございました。
takuさん焼結材の情報進展ないのですが、会社の技術顧問の方に合わせて情報収集頼みましたから何かあったら報告しますね。亀吉の周りは焼結材に消極的なのでtakuさんも後押しお願いしますよ!
2007/06/03 11:23 PM posted by: hashi
haruさんこんにちは、皆さん初めまして。
hashiといいます。
弊社では、フィラー浮きやガスで困っており、ポーセラックスという焼結材?を使用したことがあります。始めは、ガスが抜けると評判だったのですが、その内、目詰まりをし、メンテ性が良くないと控えました。
それでも、目が大きいもので使ったこともありましたが、+GF原料が良くなかったのか、ポーセラ自体がメクレ欠けてしまいました。
今では、板を貼り合わせた短冊駒を加工して最終充填部に入れています。機上でメンテできるようPL面側から、止めてあります。この方法できるのは、製品形状にもよりますけど。
目詰まりしなければ、ガス抜きはいいので、メンテ性も含めいい焼結があれば、知りたいし、あるいは、どうメンテしているか知りたいです。 
2007/06/04 6:36 PM posted by: 亀吉
皆さん今日もお疲れ様でした。
hasiさん焼結金属情報ありがとうございます。やはり目詰まりの悪さですか・・・以前聞いた方も同じ事を言っていました、その解決方法としてガスクリーナーを塗ってエアガンで吹き飛ばすと性能が復帰すると教えていただけました。って事は取り外せる、または行き止まりでない構造でなければいけないのでしょうか?(ある会社の焼結材は冷却水管との間に取り付けガスを冷却水に排出するようにしていました。)謎は深まるばかりです。
2007/06/04 7:30 PM posted by: iwa
お疲れ様です。
hashiさんはじめまして。
ポーセラックス私も使いました。焼結材の1種ですね。
おっしゃる通り、メンテ性が問題です。
私のところでは予備のコマを用意して必要に応じて交換していました。
亀吉さん、焼結材の先にベントグローブ(0.5程度でいいんじゃないですか)が必要になります。
個人的には、焼結材はお薦めしません。
2007/06/04 7:53 PM posted by: haru
皆さんお疲れ様です。
haruです。
hashiさんこんにちは。
歓迎致します。
6月2日東京大学に遊びに行って参りました。
可視化の解析もかなり進んでおり、最新の成形技術等のレクチャーを受けて参りましたので、出来るだけ書き込みして行きます。
2007/06/06 7:15 PM posted by: 亀吉
皆さん今日も1日お疲れ様でした。
iwaさんまで焼結材の情報ありがとうございます、hashiさんiwaさんアドバイスで亀吉また尻込みを始めました、もう少し勉強が必要なようですありがとうございました。
話変わりましてガスベント加工を新たにもう1型加工しましたガスなどの揮発成分?によるシルバーに困っていたのですが、加工後は発生が0になってしまいました(早くやっていれば・・・・)またもや皆さんのおかげです!
2007/06/07 11:48 AM posted by: yu-te
はじめまして。
ガスと言うか、添加剤に頭を痛めております。製品は、自動車のレンズです。材質はPC。添加されている「紫外線吸収剤」たる物がガス化して金型を通過して冷却される際に、再結晶化し白い粉となって金型に堆積してしまいます。その粉が、突き出しや型開閉の時にポロポロと出てきて異物不良となります。PLや入れ子、スライドはガス抜きを施し、真空装置で吸引しています。しかし、型外に出る過程で結晶化してしまうのでなかなか良い結果は出ません。当然500ショットごとに分解メンテをしています。再結晶化を防止するためには、金型温度を120度位に設定すれば良いらしいのですが、他に何か良い方法はないでしょうか?
2007/06/07 11:16 PM posted by: iwa
お疲れ様です。
yu-teさんはじめまして。苦労していますね〜。
エアベントはどの程度設置していますか?
私も過去何度か真空引きを試しましたが「やらないよりは良い」のレベルでした。
私の結論は「隙間がなければ詰まる」です。
エアベントをランナー、製品部の適切な位置に適切な量を設置すれば、型内圧も下がりますので様々な効果が期待出来ます。
又、金型温度は何度に設定しているのでしょうか?PCで120℃は特別高いとは思わないのですが......。
2007/06/10 11:32 AM posted by: 亀吉
皆さん先週1週間おつかれさまでした。
yu-teさんはじめまして亀吉です。
500ショットで分解メンテだとのことですが、本当に大変そうですね「自動車のレンズはたいへんそうだな〜」と漠然と考えていましたが異物の規格なども厳しいんでしょう。
以前亀吉もPSの添加剤(難燃剤と思われる)が金型シボ面に堆積して色目や艶に悪さをしかといってシボ面だけに手は出せないし非常に泣かされました、結局亀吉は金型クリーナーを推奨され解決できました、その時のアドバイスで使い続けると金属表面が改質され堆積しなくなるといわれました、それ以来確かに堆積しなかったので効いたとは思いますが
添加剤だけは多種多様なのですべてに通用する方法ではないかと・・・
2007/06/10 9:23 PM posted by: haru
皆さんこんにちは!
yu-teさん歓迎致します。
添加物・添加材等のガス対策は、成形機シリンダー内での溶融時の熱分解ガスを抑えるか金型内にいかにガスを入れないかです。
iwaさんがよく使用されておりますランナーゲート通過時にガス抜きする事が効果的だと思います。

2007/06/12 6:08 PM posted by: yu-te
皆さんアドバイスありがとうございます。
皆さんの話を聞いていると、少し明かりが見えてきそうな・・・めげかけていましたけど気合入れなおして頑張ります。また色々教えてください。
2007/06/12 7:47 PM posted by: taku
yu-teさんはじめまして、ランナーのガスベントは、かなり効果ありますよ(^_^)v
金型内圧が40も落ちますし、充填時間も2秒も早くなりましたよ(^・^)
ただ今、不良率が以前に比べ5%ほどdownしています!(^^)!
ぜひ、やってみた方がいいですよ(^。^)y-.。o○
2007/06/13 9:04 PM posted by: haru
皆さんこんにちは。
haruです。
テーマ募集にkrr150さんより書き込みが御座いました。
アクリル専用機でスクリューに炭化物が付いてしまい、年1回のスクリュー掃除をしています。対策で山一化学のラピックスKSMをマシン停止時に置き換え、週に2回エコパージAWを流しています。それでも1年ほどすると異物不良が通常の3〜5倍に増加しやむを得ずスクリュー掃除してます。何かよい方法をご存知の方いらっしゃいませんか?

みなさんの集合知にてご助言宜しく御願い致します。

アクリルは樹脂自体かなり硬質の為、原料供給時原料同士がぶつかり合い粉を発生している可能性もあります。
粉取りされるのも異物対策の効果的方法です。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tecteq.jp/trackback/2