無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
『プラスチック射出成形 不良現象 白点』
 

『プラスチック射出成形 不良現象 白点』

『成形不良発生原因とその対策及び改善方法 ロジカルシンキング』

 

透明製品に代表されるプラスチック樹脂のレンズや導光板等には、白点と呼ばれる成形不良が存在しており、黄変・黒点(コンタミ)と並び代表的な不良現象です。

 

代表的な樹脂として、PCPMMAを使用しており、樹脂自体は透明であり、非常に硬い。

 

白点の発生原因として、樹脂粉又は気泡(マイクロボイド)と言われているが、使用樹脂・原料管理・生産設備・金型構造・製品デザイン・成形条件・可塑化条件により、発生理由には無数の組み合わせがある。

 

同じ品質の成形品を毎日、量産(供給)する為には、絶対的基準と変化点管理が重要になり、良品量産安定化技術の礎になります。

 

何が原因で何の理由で発生したのか?

 

先ずは、樹脂粉が白点の発生原因だと仮定して、粉取り対策を実施する。

 

白点発生数の変化点管理を実施。

 

判断基準→増える事・減る事=変化あり。何も変わらない=変化なし。

 

    原料袋の底に堆積している樹脂粉を除去する。

樹脂をふるいにかけて、樹脂に付着している粉を除去する。

 

単純に粉取り対策有無で、成形を行い白点の不良発生率で比較。

 

  白点発生数に変化が無ければ、樹脂に付着している粉が白点の発生原因では無い。

 

× 白点発生数に変化が有れば、樹脂に付着している粉が白点の発生原因である。

 

過去の経験では、粉取り対策で白点不良の発生数は変化致します。

 

    次に原料袋の底に堆積していた粉を樹脂にふりかけて、粉まみれの樹脂で成形を実施。

 

  白点発生数に変化が無ければ、樹脂に付着している粉が白点の発生原因では無い。

 

× 白点発生数に変化が有れば、樹脂に付着している粉が白点の発生原因である。

2パターンの実験を実施する事で、変化の有無と増える方法性と減る方向性が確認出来ます。

 

変化しない事が一番の問題であり、不良数が増えても減っても変化が有る事が重要です。

 

粉が多い→白点が多い。粉が少ない→白点が少ない。と言うパターンが見つかれば、白点不良の原因は樹脂粉だと断定して、粉が出来る理由を考えます。

 

原料袋の中で、輸送中に樹脂同士が接触して粉砕したものが粉になる。

 

乾燥機から成形機に乾燥済み樹脂が輸送される時、樹脂同士の接触やホッパーへの接触で粉が発生。

 

どの理由が最も粉を発生させるか?

 

原因と理由を考えて幾つかの対策案を実施下さい。

 

成形不良改善の講習会では、成形不良の種類毎に原因があり、理由の組み合わせで不良率が変化するとお話しておりますので、答えは粉だとして理由を考えてみて下さい。

 

 

 

 

| haru | 異物不良・パージ材対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tecteq.jp/trackback/112