無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
2013 不良改善講習会
 みなさん、こんにちは。

ひさしぶりに不良改善講習会を実施致しました。

2013年からは以前より、パワーアップしてお送り致します。

どちらかと言うと良品を安定量産させる為の原料管理・成形条件・生産設備・金型技術をミックスさせた不良を出さない良品量産技術になります。

3現主義の成形技術(現場・現物・現実)にロジカル・シンキングを組み合わせて、原因を数値化する事で不良発生のメカニズムを解明し、変化点管理による安定成形を実現させます。

原因の数値化が、一番難しく発生メカニズムを数値化して、方程式を導き出す事に莫大な時間と費用が掛かりました。

2011年8月より、掲載を中断させて頂き、数値化させる為の装置やシステム開発に着工、膨大なデーターと格闘して発生メカニズムの仮説を立て、数値化する事で方程式を導き出し、再現性を持って方程式の整合性を確認、それの繰り返しを行う作業に忙殺されました。

当然、量産工場で量産型を使用して量産設備により、連続成形で量産品で検証すると言う大原則は今まで通りです。

hakkai 株式会社殿、オハラ樹脂工業 株式会社殿には、多大なるご支援・ご尽力賜り、誠にありがとうございます。

日本のものづくりを進化させ、更なる発展を目指すべく良品量産技術の開発を進めさせて頂きます。

2013不良改善講習会に関しては、後日掲載させて頂きます。

取り急ぎ、御礼申し上げます。






| haru | プラスチック成形セミナー | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
2013/02/04 6:02 PM posted by: haru
今回の成形技術講習会は、私がテクニカルアドバイザーをさせて頂いている三光化成殿・hakkai殿・オハラ樹脂工業殿に成形技術連合を組んで頂き、量産現場側からの良品量産安定化技術を公開させて頂きました。

仝粁全浜による成形技術は私が担当。
熱解析による成形技術はオハラ樹脂工業殿
G伝導による成形技術はhakkai殿
の婿坤轡好謄爐砲茲訐形技術は三光化成殿

成形不良改善技術を極める事で、正反対にある良品量産成形技術を導き出し、量産工場に展開して講演後実体験頂きました。

成形不良改善技術を進化させて頂き、今後も良品成形の量産安定化技術を確立させて頂きます。

3現主義の成形技術(現場・現物・現実)とロジカル・シンキングを展開させて頂きます。




2015/03/11 9:33 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tecteq.jp/trackback/109