無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
『プラスチック射出成形不良を改善する前に最も大切な事』
 

『プラスチック射出成形不良を改善する前に最も大切な事』

 

キーワードは、『相談出来る相手がどの位いますか?』

 

 

長年、多くの成形工場を回り数え切れない数の成形不良を見て感じた事は、殆どの成形不良には起因となる発生理由があり幾つかの複合要因が重なり、結果として現象に至ると言う事です。

 

一般的には、『樹脂』『金型』『成形機を含む周辺機器』『成形条件』『メンテナンスを含めた運用方法』等が挙げられますが、全てを経験して理解する事は、分業化された今の時代には無理だと思います。

 

『樹脂』=『原料メーカー』 『金型』=『金型屋』 『成形機を含む周辺機器』=『機器メーカー』 『成形条件』『メンテナンスを含めた運用方法』=『成形業者』が管轄しているカテゴリーです。

 

少なくてもプラスチック成形品を作る過程で、4つのカテゴリーに分業化されており各カテゴリーが独自の進化と考え方を構築しております。

 

 

成形不良は、成形工場で発生している現象ですので現場で出来る事は、『成形条件』『メンテナンスを含めた運用方法』で不良対策するしかありません。

 

 

『樹脂』『金型』『成形機を含む周辺機器』等がトラブル原因で有れば、それを見付けるだけでもかなりの時間が掛かりますので、その間は不良発生が止められない事になります。

 

 

『成形機を含む周辺機器』→『金型』→『樹脂』の順番で、トラブルが無いか確認作業に入りますが、殆どの場合結論に結びつく事は無いでしょう。

 

 

日本のテクノロジーを持っても未だに成形不良が無くならない事が証明していると思います。

 

 

殆どが今の状態で、運用して行かなければならない事は成形現場に従事した方ならば経験済みだと思います。

 

 

この様な環境の中で、成形不良0%にする事を目的に長い年月と経費を掛けて改善を繰り返された企業は存在致します。

 

 

『樹脂』『金型』『成形機を含む周辺機器』『成形条件』『メンテナンスを含めた運用方法』のスペシャリストが揃っている企業に多く見られます。

 

 

企業で全てのカテゴリーのスペシャリストを揃える事は、困難だと思いますので先ずはスペシャリストを見つける事です。

 

 

私の場合は、20年掛けて各カテゴリーのスペシャリストと知り合う事が出来ました。

 

トラブルが発生した時に相談出来る師匠がいる事が私の財産になっております。

 

 

一度、成形不良が発生したと仮定して自分自身では対策出来ないと言う設定で相談出来る人を考えてみて下さい。

 

『樹脂』=『○○さん』 『金型』=『○○さん』 『成形機を含む周辺機器』=『○○さん』 『成形条件』『メンテナンスを含めた運用方法』=『○○さん』

 

 

全て記入出来た人は、既に恵まれた環境に居られますので素直に相談してみて下さい。

 

必ず、よい改善方法が見つかる筈です。

 

記入出来なかった人は、先ずは相談出来る人を見つけて下さい。

 

 

| haru | 【haruの他愛も無い日記】 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
2010/04/08 5:54 PM posted by: haru
こんにちは。haruです。

成形不良に付いて、相談出来る相手がどの位いますか?

相談相手を記入出来ましたでしょうか?


海外工場に出向されている方には、相談出来る相手がいない為、ご苦労されていると思います。


インターネットや検索サイトで、成形不良関連のトラブル等をキーワード検索して活用されている人も非常に増えております。


私も不良改善ブログを通じて、海外を含め全国各地の友人と話しが出来る事が楽しみです。


最近、友人の多くが海外工場に赴任される事も多く、複雑な気持ちです。


今後も出来る限り、成形に関する様々な技術や情報をコメントさせて頂きます。


成形不良改善セミナーで、皆様にお会い出来る日を楽しみにしております。












2010/04/12 11:34 PM posted by: cane
はじめまして cane です。

以前より拝見させて頂いておりました。今回初コメントさせて頂きます。

ちなみに私は、射出成形をはじめて10年経たない程度の未熟者です。

ピンポイントゲートの製品で、ゲートが残る場合のメカニズムをご存じでしたら、ご教授願いたいと思います。

ピンゲートの場合は極力残したくないのですが、その他外観不良や、寸法確保のため若干残して成形している場合が多いです。

ゲートの長さ、太さの影響が大きいとは思いますが、条件的に見直すとしたら、マイスターの方達はどう見直すでしょうか?

ゲートシールまで十分保圧をかけた場合に残る場合が多いのですが、減圧している場合でも残りが改善されないことも多々あります。
2016/06/29 10:20 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tecteq.jp/trackback/103