無料ブログ作成サービス JUGEM
成形不良 コールドスラッグ対策
みなさん、こんにちは。
haruです。
コールドスラッグ対策で【とっとさん】より、ご質問が御座いましたので成形不良・金型技術対策のカテゴリーを新設致します。
ご質問内容は以下の通りです。

【ゴールドスラッグの対策方法を教えてください。製品にスラッグウェルが設けてありますが製品にながれてしまいます】
コールドスラッグ対策で、スラッグウェルを設けるケースは非常に多いですが加工デザインによって効果は、かなりの違ってきます。
先ずは射出直後のスラッグウェルですが、一般的に広く浅い加工が施されているケースが多いです。
当然、射出速度に押されてコールドスラッグが流れてしまっているケースが非常に多いです。
一度、細く深くスラッグウェルを加工してみて下さい。
円錐の様な形状で、底の部分にしっかりコールドスラッグを残すイメージです。
ランナーゲートの終端部にもしっかりスラッグウェルを施して下さい。
電動の成形機ですと射出圧力の波形モニターで、充填時間だけ拡大してモニタリングすればコールドスラッグが射出圧力の波形のバラツキとして目視出来ます。

しっかりコールドスラッグ対策されているスラグウェルは、射出圧力の波形も安定しており、重ね書きしても殆ど同じ曲線を描いている筈です。
成形不良対策でランナーゲートにエアーベント・スラグウェルを強化して改善するケースは多いです。
とっとさんが困っておられます。
皆さんのご意見・ご指導をお願い致します。


| haru | 金型技術 成形不良対策 | comments(2) | trackbacks(0) |