無料ブログ作成サービス JUGEM
糸引き ハナタレ 射出成形不良対策
皆さん、こんにちは。
haruです。
糸引き・ハナタレ等の問題にてお困りの方に射出成形不良対策をご提案致します。
本ブログカテゴリー 成形手法関係に最適シリンダー温度設定方法を記載させて頂いております。
この方法を使用する事で、充填に必要な熔融粘度を保持しつつ糸引き・ハナタレを軽減させます。
方法に付いては、成形手法関係をクリックして頂き最適シリンダー温度設定方法をお読み下さい。
考え方ですが、通常糸引き・ハナタレが発生した場合、ノズル先端温度を何度か下げて対策されておりませんか?
当然、温度が下がることで冷却されますのでノズル先端部の熔融樹脂は若干冷えて固化致します。
その効果で糸引き・ハナタレは抑えられますが、熔融樹脂は以前の状態より固化【高粘度化】する事により、充填時の射出に抵抗となり射出圧力が上がる方向になります。
コールドスラグがある様なイメージです。
糸引き・ハナタレは熔融樹脂が熱履歴の影響で、低粘度化した状態ですのでシリンダー温度設定の一番最後ウォータージャケットに近い所の温度を−10℃下げて下さい。
方法は、最適シリンダー温度設定方法と同じです。
可塑化過程での樹脂に対するストレスが1番最初に影響を与える場所の温度設定が重要になります。
かなり多くの方がこの方法をテストして、その結果を書き込みされておられるのでコメントを読んでみて下さい。
私が行っております射出成形不良改善講習会では、1番最初にお話しさせて頂いております。
haru式シリンダー温度設定方法として、ユーザー殿・成形機メーカー殿でも発表させて頂いております。
成形とは何かと何時も考えれておりますがまだまだ奥深い物だと痛感しております。
| haru | 糸引き ハナタレ 射出成形不良対策 | comments(0) | trackbacks(0) |