無料ブログ作成サービス JUGEM
成形不良とガス対策
【成形不良とガス対策】

多くの成形工場で日々成形不良が発生しております。
ガス発生に伴う成形不良に付いて、成形不良になっている発生箇所と不良メカニズムを考察、何処で何が問題になっているか?
その対策はどうすれば良いのかをお考え下さい。

一般的にガス抜きと言えば金型内ガス抜きが代表的です。
エアーベント・型内真空引き・が思い浮かびます。
最近ではシリンダー内ガス抜き等が知られており、飢餓供給や適量供給等に代表される成形技術です。
スクリューデザインの変更等にて圧縮比率や混練能力を変えた物を使用される事もあります。
成形機可塑化過程での熔融樹脂のガス化が原因の場合、スクリューの変更・シリンダー内ガス抜きが対策案として考えられます。
ただし熔融後のノズル先端付近のガス発生には、効果が出難いでしょう。
ノズル先端付近のガス発生は、冷却時間等で滞留した時に熱分解による発生原因ですので、ランナーゲート部にガス逃がし【エアーベント】を設置する対策が効果的です。
最近、型内真空引きにチャレンジされる方が増えてまいりました。
添加物添加剤等が多く含まれている樹脂が多くなってきており、ガス不良でお困りの方が増えてきていると言う事になります。

大きく分けて発生箇所を3つに分類すると・・・
 〕侏算のガス発生が原因ですとシリンダー内ガス抜き。
◆〕侏燦紊離離坤訐菽蕊分での熱分解ガスが原因ですとランナーゲート部のガス抜き。
 金型内充填時のガスが原因ですと型内真空引きによるガス抜き。

どの部分でのガス発生が成形不良に最も影響を与えているかで、対策箇所を限定してみて下さい。

成形不良改善講習会では、先ずシリンダー温度設定・可塑化条件の見直しを推奨させて頂いております。
次にランナーゲート部でのエアーベント【ガス抜き加工】の強化。
次に型内真空引き最後にシリンダー内ガス抜きの順番での対策を基本にしております。

ブログ内でも多くの方が最適シリンダー温度設定・ガス抜き加工技術等で対策されコメントされておりますので、参考にしてみて下さい。



| haru | 金型ガス抜き対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
成形不良 金型ガス抜き 確認技術
みなさん、こんにちは。
haruです。今回は成形不良金型対策編です。
プラスチック成形にて、成形不良対策に金型ガス抜き加工を施されているケースが最も一般的です。
当然、ガス対策に使用されますので金型のメンテナンス延長に効果が期待出来ます。
成形品のガスヤケ・転写性や金型の腐食防止等応用範囲の多い技術です。
ランドの形状も客先にて様々ですが、私が成形不良改善で現場訪問時有効にガス逃がしが行われているかの確認方法を掲載させて頂きます。
金型が汚れ成形不良が発生したら金型のメンテナンス・洗浄を行われると思います。
金型が綺麗になれば良品が成形出来る為です。
成形不良発生時の射出圧力波形を写真で撮っておいて下さい。
金型洗浄後同じように射出圧力波形を写真で撮って頂き見比べてみて下さい。
差が確認出来ると思います。
洗浄後の波形が何ショットで成形不良発生時の波形に戻るか確認下さい。
私の経験では、3ショット位で元に戻るケースが最も多いです。
3ショットで戻ればランドが3ショットで詰った事を意味します。
そこから先は、どんどんモールドデポジットが金型内に溜まってきますので成形不良発生は時間の問題です。
この様なケースの場合は、ランドを含めエアー逃がし溝の強化をお勧めしております。
成形不良の少ない成形品は、金型の汚れも少ないと思いますので1度後確認下さい。
良品成形を持続させる為には定期的な金型メンテナンスをお勧めしております。
金型修正時にエアーベントの強化を追加してみて下さい。
ガス抜き効率を上げる事で頻繁な成形条件等の変更も低減出来ると思われます。
成形不良率の低減にお試し下さい。

| haru | 金型ガス抜き対策 | comments(2) | trackbacks(0) |
成形不良 対策改善技術 金型ガス抜き
みなさん、こんにちは。
haruです。
成形不良の対策改善技術として金型を修正される方は多いと思います。
幾つかの対策・改善方法はありますが、今回は金型のエアーベントに付いて考えます。
一般的にはガス逃がしとか言われ方は様々ですが、金型技術で成形不良や金型のメンテナンス期間の延長・金型内圧の低減等によく使われる技術です。
設置される位置・場所も様々で、ランナーゲート・金型終端部・不良発生箇所と形状も逃がし溝の深さもこれが最適だと言う物は恐らく無いでしょう。
成形不良で言うとガスヤケ・シルバー・フラッシュ・ボイド(気泡)・ヒケ・ソリ・バリと様々です。
ガス抜きとも言われており方法は、金型真空引き・割型・ガス抜き鋼材・ベント加工(切削)等がありこちらも様々です。
エアーベント・ガス抜き加工を金型に施し本当に効果が確認出来るケースは少ないです。
付けないより付けた方が良いのでは?
と思われている方も多いと思われます。
成形品外観での不良現象が、金型技術(エアーベント・ガス抜き)で改善・対策出きれば
分かりやすいですが変化が無い場合、効果が分かりかねます。
簡単に効果を確認出来る方法をご紹介致します。
金型技術(エアーベント・ガス抜き加工)を施す前と後での成形機充填時間の変化を確認下さい。
エアーベント・ガス抜き加工を施す事で、金型内に存在しているガス等を排出する目的で金型に加工するのですから当然、効果が出れば金型内からガスと同時に圧力も抜ける筈です。
金型内の圧力が下がると熔融樹脂充填時の抵抗負荷が下がる筈ですので、充填時間が短縮されると思います。
変化が無ければその対策は効果が無かったと判断できる筈です。
成形条件ですと加工前より、低速充填が可能でしたら効果があったと判断出来ます。
ご確認下さい。
| haru | 金型ガス抜き対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
【金型ガス抜き対策】相談・情報・対策板作りました!!
情報交換の場所として、掲示板を設立しました。

皆さんの情報提供・相談など、本カテゴリに関するコメントを、ご自由に御記入下さい!!
| haru | 金型ガス抜き対策 | comments(39) | trackbacks(0) |