無料ブログ作成サービス JUGEM
『気温と湿度と成形不良』 気候変化と原料管理
 

『気温と湿度と成形不良』

 

地域的気候変化に伴い気温と湿度が常に推移する事で、露点温度と気温の差が近くなると結露しやすい雰囲気になります。

 

工場環境が管理されている工場では常に室温と湿度が安定している為、年間を通じて安定した成形が可能になります。

 

ただし、クリーンルームに見られるように成形機はクリーンルームの中にあるが、乾燥機は室外にあり空調設備が無い環境であることが多く見受けられます。

 

原料管理場所の環境管理が不十分であると地域的気候変化により、気温と湿度が推移する事で原料袋が紙体であれば、原料袋自体が結露する可能性があります。

 

ある一部の成形工場を除き、殆どの成形工場は四季の変化や気候変化の影響を受ける環境で、成形している事が多く気候変化に伴う成形不良が発生していると推測されます。

 

原料袋を開封後速やかに乾燥機等の大気環境と隔離された空間に原料を保管する事が樹脂水分量の推移を安定させる事になります。

 

非吸湿の樹脂は、紙体梱包が大半で乾燥せずに成形する事が多いが保管環境や気候変化で紙体自体が結露すれば中の樹脂に影響を及ぼす事が、予想されます。

 

梅雨時期に吸水系の成形不良が増える場合、気候変化に伴う原料管理を見直す事を検討下さい。

 

高温多湿の環境下での原料管理は、海外の工場を含め成形不良を改善・対策するのに重要な役割になります。

 

 

地域的環境の違い、気候変化に伴う原料管理は気温と露点温度に注意を払い、露点温度以下の環境に原料を保管しない事が基本となります。

 

一度、時間毎の工場内の気温と湿度を計測して、露点温度との差を確認下さい。

 

その時間帯での成形不良率との関連性を確認して頂ければ、今お困りのトラブルが気候変化に伴う成形不良であるかが確認できます。

 

 

 

| haru | シルバー不良・ボイド不良対策 | comments(6) | trackbacks(0) |
プラスチック射出成形 成形不良現象 シルバー・フラッシュ・銀条
みなさん、こんにちは。
haruです。
【プラスチック射出成形 成形不良現象 シルバー・フラッシュ・銀条】に付いてコメント致します。

【射出成形不良の発生原因から検証方法・対策・改善までを集合知で総合提案】

成形不良の発生原因として、大きく4つ考えられます。
【各発生原因にあわせた対策方法】

 擺チ臧埖による発生原因】◆收形条件による発生原因】
【金型形状による発生原因】ぁ攫脂による発生原因】

 擺チ臧埖による発生原因】【周辺設備機器関連のよる発生原因】
使用樹脂にあわせた乾燥機の選定が重要になります。

【熱風式乾燥機】【除湿式乾燥機】【真空乾燥機】どの様な方式の乾燥機を使用しているか?
【熱風乾燥機】を使用している場合、当然外気から取り入れた空気をヒーターで加熱して乾燥エアーとして循環させます。
外気の状況にて乾燥能力が変化してしまう為、湿度の高い状況では乾燥能力が低下している場合が多いです。
梅雨時や雨が降った前後の日に不良率が高い場合、乾燥方式をかえる必要が御座います。
【吸水しやすい樹脂での熱風乾燥は、お勧めできません。】

【樹脂供給ラインが長いとホース内に樹脂が留まり、吸水するケース。】
乾燥機より成形機上のミニ・ホッパーに樹脂を空気輸送される場合、乾燥機と成形機までのホースの長さもご注意下さい。

【機上ホッパーで吸水しているケース。】
機上ホッパーが大きすぎると折角、乾燥機で乾燥させた樹脂がホッパー内で乾燥が解け吸水する場合があります。
一時間あたりの樹脂使用量とホッパー容量を計算して、ホッパー内に何分間滞留しているのか確認下さい。

【乾燥機のフィルターが根詰りしているケース。】
バージン材使用でもガラス入り樹脂等、多く粉が含まれている場合があります。
樹脂乾燥時気化したガスがフィルターで固化して根詰りの原因になる。

【乾燥不足による発生原因に対する対策】

【プラスチック射出成形 不良 シルバー・フラッシュ・銀条】が懸念される樹脂での乾燥機は、【除湿式乾燥機】【真空乾燥機】を選定下さい。
乾燥機仕込み量も1時間あたりの樹脂使用量に合わせて、出来るだけ小型乾燥機を選定下さい。
成形機上ホッパーも出来るだけ小型を選定下さい。
乾燥機よりの樹脂供給ラインは出来るだけ短く、出来れば粉取り装置を設置下さい。
工場内に露点計の設置をお勧め致します。

 擺チ臧埖による発生原因】【周辺設備機器関連のよる発生原因】をご確認下さい。

【プラスチック射出成形 成形不良現象 シルバー・フラッシュ・銀条】

◆ 收形条件による発生原因】【巻き込み現象】

【成形機スクリュ回転数(可塑化条件)が原因のシルバー・フラッシュ・銀条】
ハイサイクル化に伴い計量時間の短縮を目的にスクリュ回転数を過度に上げた場合、
シリンダー内で回転が起点の巻き込みボイドが発生している事があります。
【計量スベリ・ブレークアップ現象も過度の可塑化条件により発生】
  
【改善検証方法】
成形機スクリュ回転数を下げて巻き込み現象を低減する事で、成形不良【シルバー・フラッシュ・銀条】の位置・大きさに変化が出るか確認下さい。

成形不良に変化が確認出来た場合、回転数・背圧を下げて巻き込みボイドを低減する事で、不良対策・改善を確認下さい。

【成形条件による発生原因】【吸い込み現象】
【過度にサックバックを取る事でのノズル先端部より大量の気泡(ボイド)の吸い込み】

【改善検証方法】
サックバック量【減圧距離】を少なく・サックバック速度【減圧速度】を遅く、
成形条件を変更させる。

成形不良【シルバー・フラッシュ・銀条】の位置・大きさに変化がでるか確認下さい。
成形不良に変化が確認出来た場合、サックバック量【減圧距離】・サックバック速度
【減圧速度】の条件を変更する事で不良対策・改善を確認下さい。

◆ 收形条件による発生原因】【巻き込み現象】【吸い込み現象】をご確認下さい。







| haru | シルバー不良・ボイド不良対策 | comments(5) | trackbacks(0) |
成形不良 シルバー
みなさん、こんにちはharuです。
成形不良をひとつひとつ考えていきます。
成形不良の中でも1番多くの方がお困りなのが、シルバー・ボイド(気泡)だと思います。
シルバー不良・ボイド不良の対策ですが、まずは何が原因で、不良現象が発生されているかを確認する必要があります。
一般的に樹脂に対する吸水が1番に考えられますが、殆どの方が樹脂乾燥温度を上げられるか樹脂乾燥時間を伸ばされると思います。
その次に成形機可塑化能力を上げるつまり背圧・スクリュ回転数を上げる方法を取られると思います。
この様な方法でもシルバー・ボイド不良に対して改善出来ない場合、不良要因が違うケースが考えられます。
金型構造・ランナーゲート通過時のエアー巻き込み。
冷却時の樹脂の収縮等発生原因は様々です。
樹脂乾燥は、十分されており成形サイクルを短縮する為に可塑化能力を上げるつまり成形機スクリュ回転数を上げる為、スクリュ回転における巻き込みボイドが発生しているケースも多いです。
いわゆる計量中のブレークアップ現象です。
計量が一定の速度で完了するかも確認下さい。
計量途中で早くなったり遅くなったりしている状態だと怪しいです。
試しに成形機スクリュ回転数を思い切って下げてみて下さい。
シルバー・ボイドの位置・大きさに変化があればこちらの要因が高いです。
子供の頃、水あめを割り箸でこねた経験があると思います。
水あめの中に空気が練りこまれ白くなった経験はありませんか?
樹脂も同じ様に溶融する事で、水あめの様な状態になりスクリュ回転により、混練される事からシルバー・ボイド(気泡)の不良原因になる可能性があります。
その他、さまざまな要因がありますがまずは確認してみて下さい。
この不良対策で、改善出来れば幸いです。


| haru | シルバー不良・ボイド不良対策 | comments(0) | trackbacks(0) |
【シルバー不良・ボイド不良対策】相談・情報・対策板作りました!!
情報交換の場所として、掲示板を設立しました。

皆さんの情報提供・相談など、本カテゴリに関するコメントを、ご自由に御記入下さい!!
| haru | シルバー不良・ボイド不良対策 | comments(4) | trackbacks(0) |